ペットと飼い主

ペット火葬業者の拡大は、今の日本の現状から考えれば、当然のことだったのかもしれません。特に高齢化社会を迎えるにあたって、子供が独立して、手を離れた夫婦がペットを飼いはじめるケースなどが最近目に付くようになりました。また海外から非常に小さく、かわいい小型犬が出回るようになると、瞬く間に若い世代から中高年までさまざまな年代の人達がペットを飼うようになっていきました。

しかしペットを取り巻く環境は厳しいです。それは全てペットを飼っている人間の無責任さに他なりません。飼い続けることができなくなると、すぐに捨ててしまいます。飼ってはみたものの、散歩が面倒だったり、しつけが出来なかったりで、ペットをほったらかしにしてしまい病気に感染させてしまうケースなども多くあるようです。

捨てられたペットは、保健所で保護された後、ほとんどのケースで殺されてしまいます。この現実を知る人はあまりいないと思います。保健所で保護される犬のほとんどは飼われていた犬たちです。人間の身勝手さが、このような悲劇を生んでいることを忘れてほしくありません。

ペット火葬業者のサービスは、多少行きすぎ感も否めません。ただやはりかわいいペットの最期を盛大に祝いたい気持ちは分かります。ペットの世界でも生活習慣病が起こっているということを聞いたことがあります。これも甘やかしや、人間の身勝手さからくるものです。これからペットを飼う時には、あくまでペット本位で行動することを大事にしてほしいと切に願います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46901816
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ちょっと一息しませんか?
powerd by 楽市360
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。