ペット火葬の分類

ペット火葬には、方法により以下のような分類ができます。どのケースにおいてもペットの大きさにより値段が決まってきます。近年の傾向としてペットに費やす金額が年々増えてきています。ペット火葬やペット霊園などの専門業者まで現れ、様々なサービスを提供するようになっています。ここでは代表的なペット火葬の方法を紹介しましょう。

ペット火葬@−合同葬
他のペットと一緒に火葬されます。お骨を拾うことや火葬に立会うことはできません。他のペットと一緒に火葬されるので、当然遺骨を持ち帰ることはできません。火葬料金はペットの大きさや体重により変わるので、火葬料金については直接電話して確認するほうhが良いでしょう。

ペット火葬A−自宅葬
自宅に火葬車で出張してもらい火葬その他葬儀を行います。(自宅葬をやっていない業者もあるので電話等で確認が必要です)

ペット火葬B−個別葬
火葬場にペットを持ち込んで個別に火葬してもらうことです。この場合は収骨することができ、自宅に持ち帰ったりその場で納骨することもできます。火葬料金は合同葬と同様にペットの大きさにより変わってくるが合同葬と比較すると割高になります。

ペット火葬C−お立合葬
人間の火葬と同じように、火葬場に行き火葬したペットのお骨を拾い、骨壷等に入れて持ち帰ることができます。個別葬より10,000〜20,000円位割高になるところが多いようです。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46901250
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ちょっと一息しませんか?
powerd by 楽市360
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。