ペットが死んだときには

ペット火葬には、最近様々な形式が出てきました。近年のペットブームが背景にあるのがと考えます。家族同様に一緒に生活してきて、様々な思い出をくれたペットに対して、安らかに眠れるように深い愛情と感謝の気持ちで見送ってあげたい、そんな思いを持つ飼い主が増えてきています。

ペットが亡くなった場合、犬以外のペットについては市町村役場への届出の義務はありませんが、犬の場合は市町村役場への届出が義務付けられています。届出の事項は、飼い主の住所、氏名、犬の死亡年月日、登録番号となります。

亡くなられたペットの死骸については、飼い主が責任をもって処理をしなければなりません。自分で処理できない場合には、死骸を焼却処分するか火葬して人間と同じように供養します。

ペット火葬施設などは、市町村によっては持っているところもあるので環境衛生課に問い合わせてみてほしいのです。ペットの火葬施設が無い市町村ではそのほとんどがゴミとして焼却されてしまいます。この場合引き取りにお金がかかるようです。しかし、我が子同然にかわいがってきたペットをゴミのように扱いたくないという人は、ペットの火葬や葬儀をやってくれる民間の施設を利用することをお勧めします。我が子同然に育ててきたペットをゴミ同様に処理されることに心が痛むという人は、ペット火葬やペット霊園を考えてみると良いのです。
タグ:ペット

この記事へのトラックバック
ちょっと一息しませんか?
powerd by 楽市360
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。