ペットと飼い主

ペット火葬業者の拡大は、今の日本の現状から考えれば、当然のことだったのかもしれません。特に高齢化社会を迎えるにあたって、子供が独立して、手を離れた夫婦がペットを飼いはじめるケースなどが最近目に付くようになりました。また海外から非常に小さく、かわいい小型犬が出回るようになると、瞬く間に若い世代から中高年までさまざまな年代の人達がペットを飼うようになっていきました。

しかしペットを取り巻く環境は厳しいです。それは全てペットを飼っている人間の無責任さに他なりません。飼い続けることができなくなると、すぐに捨ててしまいます。飼ってはみたものの、散歩が面倒だったり、しつけが出来なかったりで、ペットをほったらかしにしてしまい病気に感染させてしまうケースなども多くあるようです。

捨てられたペットは、保健所で保護された後、ほとんどのケースで殺されてしまいます。この現実を知る人はあまりいないと思います。保健所で保護される犬のほとんどは飼われていた犬たちです。人間の身勝手さが、このような悲劇を生んでいることを忘れてほしくありません。

ペット火葬業者のサービスは、多少行きすぎ感も否めません。ただやはりかわいいペットの最期を盛大に祝いたい気持ちは分かります。ペットの世界でも生活習慣病が起こっているということを聞いたことがあります。これも甘やかしや、人間の身勝手さからくるものです。これからペットを飼う時には、あくまでペット本位で行動することを大事にしてほしいと切に願います。

ペット保険

ペット火葬の話題を取り上げてきましたが、ペットには保険制度もあるようです。ペット保険業界が最近賑わいを見せています。近年、わが国でも家族の一員またはパートナーとしてペットを飼う人が増えています。人間の場合は健康保険制度の下、病気の際に支払う医療費は何割かの自己負担ですみますが、ペットの場合は自由診療で、全額負担のため医療費を高いと感じる人が多く、ペットを飼い続ける上でネックの一つになっています。

ペット保険は「ペットにも保険があったら」とか、「ペット保険について詳しく知りたい」という消費者の声を、取り入れる形でスタートしました。しかしまだ、「ペット保険」のようなサービスについては情報が十分に行き渡っていないと思われるため、さまざまな問題点があるのも事実のようです。

ペット保険の現状としては、現在はインターネットなどの関連サイトをみると20社以上が事業を行っているようです。いずれも事業を始めたのは長くて数年前からで、なかには事業活動を行っているかどうかわからないものもあります。ペット保険は日本ではまだそれほど普及はしていないようです。ちなみに海外では、イギリスなど20数年の歴史を持ち「保険」として運営されている国も多いです。

ペット保険の今後の課題としては、保険業法に基づき免許を持った事業者が扱っているわけではないこと、いざというときの契約者保護対策も保険のような契約者保護機構があるわけではなく、監督官庁等もないこと。このあたりがペット保険の問題点でしょうか。
タグ:ペット 保険

ペット火葬業者の骨壺サービス

ペット火葬業者の中には、亡くなったペットとの思い出をいつまでも残して欲しいということで、さまざまなサービスをおこなっているところがあります。例えばペット専用の骨壷なども、今ではさまざまな種類のものが販売されています。骨壷一つとっても飼い主にとってはかわいいペットのため、なるべく良いものを選びたいということなのでしょうか。

ペット火葬で使われる骨壷でありますが、本来は火葬料金にそのまま含まれていることが多く、別途料金が発生することはないのです。しかしかわいいペットの最後として、ふさわしい寝床を与えたいとの思いから、高価な骨壷を注文する人が多いようです。例えば、すごいところでいうと九谷焼の骨壷などがあるようです。いくらかわいいペットといえども、少々やりすぎの感は否めません。

ペット火葬で、他に特別な試みをおこなっているところでいえば、海洋散骨などをおこなっているところもあります。海の生物を散骨するのなら分かるのですが、犬や猫などのペットを海洋散骨する理由が、少々分からないのです。

ペットブームの影で捨てられて、廃棄されてしまうペットがいる中、一般人が見るとやりすぎなのではないかと思うくらい、ペットに愛情を注ぐ人もいます。人間の子供もそうですが、ペットも飼い主は選べないのです。全ての人が、責任をもってペットを最後まで面倒を見ることが大切です。

保健所によるペット処分の実態

ペット火葬は、飼い主がペットをわが子のように大事に育ててきた結果、ペットの最後もしっかりと見送ってやりたいという思いから広まってきたのでしょう。今ではさまざまな葬儀スタイルが選べるようになってきており、そこまで大切にすることは素晴らしいことだと思います。

ペットを大切にする人がいるなかでも、残念ながらそうではない人も大勢います。ペットの死因の一番は、殺処分であることを知っている人は少ないのではないでしょうか。ペットブームの裏側では、人間の都合で捨てられ、保健所で殺処分されるペットもたくさんいることはおぼえておいて欲しいと思います。

保健所などで殺処分されてしまうペットのうち、元は飼われていたペットは全体の8割もいます。以前は飼われていたペットたちは、さまざまな人間たちの勝手な理由により飼えなくなり、捨てられてしまったでしょうか。ペットブームの影で、このようなことが毎日繰り返されている現状を私たちは知るべきなのではないかと思います。

ペット火葬などを含めて、自分のペットにお金をかけて、愛情をかけて、一生大事に面倒を見る人は本当にたくさんいます。ただ保健所などで保護されたペットは、ほぼ例外なく殺処分されてしまいます。しかも殺処分する際は、ペットたちは苦しみながら死んでいきます。もっと真剣にペットと向き合うべきです。

ペット火葬の弊害

ペット火葬のサービスは、ペットブームとともに年々増大していますが、それと比例してペット火葬場に関しての近隣住民からの苦情も増えてきています。急速にペット火葬業者が増えてきたための弊害として紹介していきたいと思います。

ペット人口の増加とともに、全国各地でペットの火葬などを行う霊園施設も増加しています。ですが火葬場設置による煙や悪臭、または火葬場周辺への死体放置など、近隣住民からの苦情も多くなってきています。人間の火葬場設置の際には、墓地法で都道府県知事の許可が必要ですが、ペットの火葬場を規制する法令はありません。そのため、火葬場が設置される場合、公衆衛生や生活環境面で周辺住民に大きな不安を与えることが問題となっています。

ペット火葬にともなう、ペット火葬場やペット霊園などの施設建設は、特に法律による規制がないため、近隣住民などとの間にトラブルなどが起こってきました。ただ最近では区市町村単位で条例として、ある一定の規制を設けることで問題を解決する動きが出てきています。

例えば、ペット火葬場やペット霊園の建設計画が出たら、事前に公表し、充分に近隣住民に周知徹底をすることや、ペット火葬場等の新設等をしようとするときは、計画内容を記載した標識の設置を義務づけたりなどの条例を制定する自治体が増えてきています。

ペット火葬車による火葬

ペット火葬車は文字通り火葬を車内でおこないます。そのためダイオキシンの発生などのさまざまな懸念があります。特に自宅でするため、近所に匂いが伝わってしまわないかという心配や火葬をする場所を確保出来ないなどの心配が生じてきます。

ペット火葬車は、無煙無臭でダイオキシンを発生させないペット火葬炉を使用しているため、匂いやダイオキシン発生などで周囲の方に迷惑をかけることはありません。また近所の方に配慮し、会社名など看板等は一切入れていないため住宅街でも目立つことはありません。やはりイメージ的に近所で火葬していることが分かると良くないという配慮があるのでしょう。

ペット火葬車は希望により、周囲の環境に十分配慮した場所へ移動し、個別でペット火葬をすることも出来ます。また依頼主の指定する場所で火葬が可能であり、例えば自宅の駐車場や、いつもペットと歩いていた散歩コース、ペットとの思い出が詰まった場所など、様々な要望に応えてくれます。

ペット火葬車は他にも365日24時間対応しており、早朝でしょうが、深夜だろうがペットの火葬をすることが出来ます。また死んだペットとゆっくりと過ごしたい場合は、安置方法についてもアドバイスをしてくれるところもあります。最愛のペットの最期を見送るのには、最適な方法かもしれません。
タグ:ペット 火葬

ペット火葬車バンタイプ

ペット火葬のひとつの形としてペット火葬車というものがあります。ペット火葬車とは多くのペット火葬業者が導入していますが、365日、24時間対応をうたっているものが多いのです。大切なペットと過ごした思い出の詰まっている自宅で、家族だけで弔えるということで大変需要が高まっています。

ペット火葬車にはいくつか種類があります。バンタイプのペット火葬車では小動物の火葬は勿論、中型犬から35キロまでの大型犬の火葬に対応し、ペットの出張火葬を行っています。車両は宅配業者と同サイズであり狭い道路でも出張することが可能です。

※ペット火葬の種別:ビーグル・コーギー・シェルティー・ダルメシアン・サルーキー・コリーゴールデンレトリバー・ラブラドール・ハスキー・バーニーズマウンテンドック・シェパード

ペット火葬車は自宅で火葬をするため、ダイオキシンなどの有害物質などはきちんと対応できる体制が整えられています。そのため近所に気兼ねなく、安心して利用することが出来ます。料金は火葬するペットの大きさによって細かく設定されているところが多いです。また出張範囲も広範囲にわたり、業者によっては無料出張区域も設けられているケースもあるので、一度近くのペット火葬業者を調べてみることをオススメします。

ペット火葬車軽自動車タイプ

ペット火葬のひとつの形としてペット火葬車というものがあります。ペット火葬車とは多くのペット火葬業者が導入していますが、365日、24時間対応をうたっているものが多いですね。大切なペットと過ごした思い出の詰まっている自宅で、家族だけで弔えるということで大変需要が高まっています。

ペット火葬車にはいくつか種類があります。軽自動車タイプのペット火葬車では小動物から15キロまでの中型犬を中心に、ペットの火葬を行っています。住宅街などの狭い道路、限られた駐車スペースなどの場所でペット火葬を行う場合に対応しています。

※ペット火葬の種別:ハムスター・鳥・リス・フェレット・モルモット・プレーリードック・カメ・イグアナ・チワワ・ポメラニアン・猫・ウサギ・マルチーズ・ミニチュアダックス・ミニチュアシュナウザー・柴犬

ペット火葬車は自宅で火葬をするため、ダイオキシンなどの有害物質などはきちんと対応できる体制が整えられています。そのため近所に気兼ねなく、安心して利用することが出来ます。料金は火葬するペットの大きさによって細かく設定されているところが多いです。また出張範囲も広範囲にわたり、業者によっては無料出張区域を設けているケースもあるので、一度近くのペット火葬業者を調べてみましょうす。

ペット火葬の分類

ペット火葬には、方法により以下のような分類ができます。どのケースにおいてもペットの大きさにより値段が決まってきます。近年の傾向としてペットに費やす金額が年々増えてきています。ペット火葬やペット霊園などの専門業者まで現れ、様々なサービスを提供するようになっています。ここでは代表的なペット火葬の方法を紹介しましょう。

ペット火葬@−合同葬
他のペットと一緒に火葬されます。お骨を拾うことや火葬に立会うことはできません。他のペットと一緒に火葬されるので、当然遺骨を持ち帰ることはできません。火葬料金はペットの大きさや体重により変わるので、火葬料金については直接電話して確認するほうhが良いでしょう。

ペット火葬A−自宅葬
自宅に火葬車で出張してもらい火葬その他葬儀を行います。(自宅葬をやっていない業者もあるので電話等で確認が必要です)

ペット火葬B−個別葬
火葬場にペットを持ち込んで個別に火葬してもらうことです。この場合は収骨することができ、自宅に持ち帰ったりその場で納骨することもできます。火葬料金は合同葬と同様にペットの大きさにより変わってくるが合同葬と比較すると割高になります。

ペット火葬C−お立合葬
人間の火葬と同じように、火葬場に行き火葬したペットのお骨を拾い、骨壷等に入れて持ち帰ることができます。個別葬より10,000〜20,000円位割高になるところが多いようです。

ペットが死んだときには

ペット火葬には、最近様々な形式が出てきました。近年のペットブームが背景にあるのがと考えます。家族同様に一緒に生活してきて、様々な思い出をくれたペットに対して、安らかに眠れるように深い愛情と感謝の気持ちで見送ってあげたい、そんな思いを持つ飼い主が増えてきています。

ペットが亡くなった場合、犬以外のペットについては市町村役場への届出の義務はありませんが、犬の場合は市町村役場への届出が義務付けられています。届出の事項は、飼い主の住所、氏名、犬の死亡年月日、登録番号となります。

亡くなられたペットの死骸については、飼い主が責任をもって処理をしなければなりません。自分で処理できない場合には、死骸を焼却処分するか火葬して人間と同じように供養します。

ペット火葬施設などは、市町村によっては持っているところもあるので環境衛生課に問い合わせてみてほしいのです。ペットの火葬施設が無い市町村ではそのほとんどがゴミとして焼却されてしまいます。この場合引き取りにお金がかかるようです。しかし、我が子同然にかわいがってきたペットをゴミのように扱いたくないという人は、ペットの火葬や葬儀をやってくれる民間の施設を利用することをお勧めします。我が子同然に育ててきたペットをゴミ同様に処理されることに心が痛むという人は、ペット火葬やペット霊園を考えてみると良いのです。
タグ:ペット
ちょっと一息しませんか?
powerd by 楽市360

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。